Date: 2009年02月08日

誰も守ってくれない




みちゃった♪



前にも書きましたが,この映画の主題歌になっている曲で18日に踊ります.

そのために,今日は出演者3名でイーアスつくばのMOVIXまで行き,観ちゃいました.



まず,この映画をみて思ったことは,この内容をどうやって終息させるのかということ.

展開が進むにつれて,どんどん誰も守ってくれない状況がエスカレート.




簡単にこの映画の構図を話すと(これから映画を観る人は飛ばしてください),



殺人を犯した18歳少年の妹がいて,その容疑者家族をマスコミから守る刑事がいる...


執拗に追いかけるマスコミと,2ちゃんねるなどのネット上で氾濫する容疑者,その家族の情報...


「容疑者の家族も同罪だ.」


刑事は妹を保護するものの,どこにいっても世間の目からは離れられない・・・



ん~,実際の事件でもこんな状況になっているのだろうか・・・

ぞっとする.

最初の逮捕シーンであったセリフのなかで,特に印象に残ったものがある.

「(容疑者宅の周辺にて)容疑者の写真を持っている方,1万円で買いますよ.」

人の心はもろいもので,こうやってどんどん情報は流されていくんだなぁ...



映画の展開はさておき,


この映画から学んだことは,


“人の痛みを知らなければ,誰も守れない”


“相手の苦しみを知っているからこそ,その人を守ることができる”


“誰かを守るために,生きるんだ”


ということ.



愛情の反対は無関心とよく言うが,


まさに誰かを愛することと,誰かを守ることは一緒なのかもしれない...






うん,いい映画でした.






さぁ,一日一日を大切に生きていこう♪



モリモリと一緒に映画に行ってくれる人募集中.笑


Posted by モリモリ at 23:27│Comments(0)映画たち

コメントフォーム

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。